本当は常駐なんてしたくない

IT業界の中でも、客先常駐システムエンジニアは一つの職種として扱われることがあるほど、特殊な働き方であることが多いです。一般的な企業であれば一つのオフィスを拠点として働くことが多いでしょう。しかし「客先常駐」の場合は、「会社と取引関係のある企業のオフィスに勤務する」ことになります。取引先企業のシステムやインフラなどの担当者として待機し、万が一のトラブルがあった場合に対応するケースもあれば、取引先企業のシステム部と共同で開発・構築業務に取り組むケースも想定されます。どちらにおいても「お客様」と密接に関わり合いになるため、優れた技術を持つだけでなく、外部の人とうまくコミュニケーションを取るよう努力をする必要があるので、より経験を積んだエンジニアが育ちやすい環境ではあります。しかし、「常駐する客先の考え方・環境」によっては、想定していたものとは全く違う環境下で働くことになるが恐れがあります。例えば、「開発を希望していたにも関わらず、運用マニュアルの改訂作業ばかりを任される」といった意に沿わない勤務になる、あるいは「客先で開かれる会議に頻繁に顔を出さなければならず、業務がタイトになってしまって大変」といった自社では決められないルールに従わなければならないことが珍しくないのです。ただ、システムエンジニアの仕事の特性上、客先常駐となる人の割合はかなり高いと考えられています。このため、将来的にある程度の年数が経過したら、現場経験を積むことができたら脱出しようと言う気持ちを持っているエンジニアは多いのです。客先常駐に嫌気が差したらhttp://escape-kyakusakijyotyu.comを参考に脱出しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です